24時間、初診の方のご予約を承っております。
便利なネット予約をご利用ください。

完全予約制

新宿駅南口徒歩

03ー6258ー1505

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)とは

病名にある「双極」とは、「2つの極がある」という意味合いであり、躁うつ病とは、著しく気分が高揚する躁状態と、意欲が低下して憂うつになるうつ状態という正反対の心理状態を繰り返します。うつ病ではうつ症状だけが現れますが、躁うつ病では躁とうつの両方の症状を繰り返します。うつ病に比べて遺伝的要素が強く、全く別の疾患です。

双極性障害の症状

症状としては、主に躁とうつという両極端の症状がみられます。

不自然なまでに気分の高揚感が持続し、「自分は何でも出来る」「何をしても疲れない」という気持ち(万能感)が強くなります。体中がエネルギーに満ち溢れたように感じられ、眠らなくても平気になったり、上機嫌でお喋りになったり、様々な考えが次々と湧き出てじっとしていられなくなったりします。しかし、単に陽気でエネルギッシュというわけではなく、金銭や人間関係に関するトラブルを引き起こしがちです。それでも本人には病識が無く、自分の思考や行動が異常だとは思いません。

うつ

気分がひどく落ち込み、憂うつな気分が2週間以上続きます。何らかのストレス因に反応して発症することが殆どです。何をしても「楽しい」と感じられなくなったり、億劫で何も手につかなくなったりします。身体面でも、食欲が無い、疲れやすいなどの症状が現れます。さらに、物事を悲観的に考えがちになり、将来に絶望したり、自分を責めたり、自殺を考えたりすることもあります。こうしたうつ状態は、心のエネルギーレベルが低下しているために起こります。

双極性障害の治療

双極性障害の治療の基本になるのが、「気分安定薬」「抗精神病薬」による薬物療法です。気分安定薬には、乱れた気分を安定させる作用があり、そのため躁状態にもうつ状態にも有効です。抗精神病薬は重い躁状態で威力を発揮します。
薬物療法と並んで大切な治療法が精神療法で、その代表が「認知行動療法」です。物事の捉え方(認知)と問題になっている行動を見つめ直し、自分の陥りやすい思考や感情パターンに気づいて、うまく心をコントロールできるようにしていく治療法です。

新宿駅前メンタルクリニック

院長

平沢 俊行

診療科目

精神科・心療内科

電話番号

03ー6258ー1505

所在地

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目18-5 中沖ビル8F

最寄駅

各線「新宿駅」西口・南口より徒歩0分
Instagram twitter facebook

診療時間

9:00~13:00
14:00~17:00
18:00~21:00

休診: 水・日(第1、第3、第5)・祝