24時間、初診の方のご予約を承っております。
便利なネット予約をご利用ください。

完全予約制

新宿駅南口徒歩

03ー6258ー1505

適応障害

適応障害とは

適応障害とは、新しい環境にうまく適応することができず、様々な心身の症状が現れて、社会生活に支障をきたす心の疾患のことです。うつ病と症状が似ていますが、よりストレスとの関連性が強く、症状はうつ病と比べて軽い点で鑑別されます。
不適応になるきっかけとして多いのは、生活環境の変化です。新しい土地や職場、学校に移ることや、昇進、配置転換などが原因としてよく見受けられます。発症は通常、生活の変化や強いストレスのかかる出来事が生じてから1ヶ月以内と言われます。

適応障害の症状

適応障害の症状は下記のように様々です。

情緒的な症状

抑うつ気分、不安、怒り、あせり、緊張 など

身体症状

不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい、頭痛、肩こり、腹痛、めまい など

問題行動

遅刻、欠勤、早退、暴飲暴食、ギャンブル中毒 など

適応障害の治療

原因となっているストレスを軽くすることが先決で(ストレス因の除去)、環境を調整し、適応しやすい環境を整えます。そうは言っても、環境調整が難しいケースも少なくありません。そうしたケースにおいて必要になってくるのが、下表のような治療法です。

認知行動療法

ストレスの原因に対する受け止め方のパターンにアプローチし、ストレスにうまく対処できるように、物の考え方とそれに伴う行動の変容を促す精神療法です。

問題解決療法

現在抱えている問題と症状に焦点を当て、一緒に解決策を見出していく方法です。

薬物療法

不安や不眠などに対しては抗不安薬、うつ状態に対しては抗うつ薬などが用いられます。ただし、適応障害の薬物療法は「症状に対して薬を使う」という対症療法になり、根本的な治療には結び付きません。そのため適応障害の治療にあたっては、環境調整やカウンセリングが、より大きな重要性を帯びてきます。

新宿駅前メンタルクリニック

院長

平沢 俊行

診療科目

精神科・心療内科

電話番号

03ー6258ー1505

所在地

〒160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目18-5 中沖ビル8F

最寄駅

各線「新宿駅」西口・南口より徒歩0分
Instagram twitter facebook

診療時間

9:00~13:00
14:00~17:00
18:00~21:00

休診: 水・日(第1、第3、第5)・祝